ねものや。〜トランペット好きのブログ〜

トランペットがカッコいいジャズや吹奏楽を紹介したり京都や日々のしょーもないことを書きます。

たった200円でトランペットのサイレントミュートを作る方法

こんにちは。ねものやです。

トランペット吹きにとっての悩みといえばなんでしょうか。ハイトーンが、アンブシュアが、音色が…悩みは尽きません。では、一番の悩みは?

 

僕の悩みは練習場所です。

 

各社からサイレントミュート、つまるところプラクティスミュートは販売されています。しかしながら値段が高い。思ってるよりも大分高い。今回はそんなミュートを自作する作り方を紹介したいと思います。

f:id:trux:20170416213309j:image

 

さて、それでは必要なものを買いましょう。100均に行けばすぐに手に入ります。

 

f:id:trux:20170416200922j:image f:id:trux:20170416200936j:image

はい、これだけです。いやほんと。

アルミ缶で、キャップがついてるタイプの飲料です。自販機でも売っていますが少し手に入りにくいかもしれませんね。中身は飲んで洗って乾かしてくださいね。

もう人つは隙間テープです。使うのは20cmもないので2mも必要ないです。幅についてはどっちでもいいです。自分が買いに行ったときはワイドタイプしかなかったので。こちらは少し大きめの100均なら置いてると思います。いざ、DAISOへ。

 

 

 

必要な工具はキリとハサミでOK。もしなければ100均レベルでも。とりあえず穴が開けば大丈夫です。

 

まずは隙間テープを開封。アルミ缶の蓋を外してその周りにテープを付けるので少し余裕をもって切ってくださいね。

f:id:trux:20170416201003j:image

こんな感じ。

 

f:id:trux:20170416201028j:image

軽く巻いてみて少しオーバーしたのでハサミでちょきちょきします。

 

f:id:trux:20170416201036j:image

適当で大丈夫です。こだわるならカッターとかで切ったほうがいいかもしれませんね。いい感じの長さになったらアルミ缶に巻いてくっつけてください。

f:id:trux:20170416201044j:image

さくっと 巻きました。少し押し付けて貼ってあげるといい感じかもしれません。

 

 では、続いてアルミ缶をひっくり返して…

 f:id:trux:20170416201114j:image

真ん中らへんにキリで穴を開けてあげます。

f:id:trux:20170416201132j:image

こんな感じ。少し小さめに開けてください。とりあえず3mmぐらいかな?

 

この後が大切。トランペットに刺して試奏します。変な感じがするのは当然ですが、圧力をかけたら音がひっくり返るとか、極端にピッチが悪いと思います。楽器やアルミ缶によって適正な穴の大きさがあるので少しずつ穴を大きくして…でも大きくしすぎないように…ピッチはチューニング管を抜き差しすればバランスがとれるのだったら無視してもいいかもしれませんね。

 

f:id:trux:20170416201140j:image

調整したらこんな感じになりました。大体4.9mmぐらいかと思います。5mmは空いてないかな?

 

f:id:trux:20170416201147j:image

 

というわけで出来上がり!写真を撮影しながら作りましたが10分かかりませんでした。あまり工作に慣れていない方でもすぐに作れると思います。

あとぶっちゃけ夜中でも吹いてます。私感ですが、下手に安いプラクティスミュートを買うよりかはよっぽどいい感じです。

 

前にTwitterに上げたものですが、こんな感じ

 

ちなみに更に消音したい時は、運動部が使ってるストローを穴に刺して吹くとさらにいい感じ。

f:id:trux:20170416202358j:image

ただツボがかなり狭くなるのでロングトーン用かなぁって感じです。ツボの感覚をつける練習になると思います。

 

結構簡単に作れますので是非どうぞ!!

 

 

  

 

ランキング参加中です。応援お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へにほんブログ村 クラシックブログ トランペットへ
広告を非表示にする