ねものや。〜トランペット好きのブログ〜

トランペットがカッコいいジャズや吹奏楽を紹介したり京都や日々のしょーもないことを書きます。

【動画】Years of Therapy コレを吹くには最高峰のトランペッターが必要!? - Gordon Goodwin's Big Phat Band

こんにちは。ねものやです。

昼間28℃まで上昇する日があるのに次の日には18℃だとか流石に気温変化が激しくて疲れます。一年中25℃を保って欲しいです。都市をドームで覆ってエアコンで気温調整。ワクワクしますね。ドームの外なんて知りません。クールビズ()のみなさんだけで頑張ってください。

さて、Gordon Goodwin's Big Phat Bandがもう少しで生で聴けるかと思うと酒が進みます。言い訳?気の所為ですよ。今回はそんな素晴らしい効果を生むBPBがアルバム『Life in the Bubble』に収録した4トラック目『Years of Therapy』を紹介します。

 

 

 タイトル通りですがあえて言おう。「こんなもん吹けるか」…と。

 

ソリストは勿論Wayne Bergeronです。ジャズが得意、オーケストラのこれこれが得意、ビッグバンドのリードが得意、歌ものが得意…トランペッターには得意とする分野があります。その中でもここまで輝かしいサウンドで超絶技巧かつハイトーンで攻めることができる人は数少ないはず。

 ピッコロ・トランペットでちょっと可愛らしく吹いた後はB♭トランペットに持ち替えて力強い演奏。それでいてラストでの追い込みは半端ない。感想が小学生レベルに落ちるほどすごい。生で聴いたら脳味噌蕩けるんちゃうかと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

ランキング参加中です。応援お願いします!
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へにほんブログ村 クラシックブログ トランペットへ
広告を非表示にする